サービス案内-なごやか機能訓練

  1. HOME>
  2. サービス案内>
  3. なごやか機能訓練

なごやか機能訓練

機能訓練の様子

運動学をベースに、独自開発の機能訓練

転倒予防・転倒時のけがの軽減や回避・安全歩行など生活機能の維持・向上を図ることを目的として
運動学や運動トレーニング方法をベースに、独自開発しています。
また、お一人おひとりのニーズに合わせて、スタッフとのコミュニケーションを通じて、
個別のプログラムを作成し、施設での機能訓練を行います。
また、なごやか機能訓練は、器材を人用とせず、ご自宅でできることが特長です。
その他にも、作業療法(手工芸・絵画など)、音楽療法(歌唱・鑑賞・演奏)など
自立支援と介護予防への対応に努めています。
なごやか機能訓練のプログラムはパート1~パート4までの4部構成となっており、
その一部をご紹介いたします。

  • 歩行時のバランス強化

    肩は歩行時バランスを取る役目があり、腕を振ったりして肩関節を動かして、バランスをとって
    歩きます。
    肩関節は可動域が広く色々な動きができますが、同時に損傷しやすい部位でもあります。
    転倒防止のためにもバランス強化は
    欠かせません。

  • 下肢の筋肉トレーニング

    下肢の筋力が衰えることにより、立位・歩行が
    制限されるとともに転倒の危険性が高まります。
    下肢全体を1度に鍛える従来の体操ではなく、
    下肢の筋肉(6種類)を個別にトレーニング
    します。

  • インナーマッスル(深筋)へのアプローチ

    従来の体操やトレーニングでは、身体の浅い部分の筋肉しか鍛えられませんが、なごやか機能訓練では、肩の奥にあるインナーマッスルへのアプローチも取り入れて、肩をはずれにくくします。

  • 関節可動域の維持

    肩や手首などの関節をなめらかに動かし、転倒時のけがの軽減につなげます。

  • 施設一覧
  • 会社情報